長崎くんち塾 例会報告

7月の例会
0

    開催日  平成30年7月7日(土)

    集合場所 中央公園 

    内 容  小川町の「唐子獅子踊」の見学

    参加人数

     

    (未稿)

     

    | - | 16:37 | comments(0) | - |
    6月例会
    0

      日時:2018年6月21日(木)

      場所:元船町公民館

      人数:29人

      内容:(一部)総会

         (二部)踊町の意気込みを聞く(3)

       

      踊町出席:椛島町

       

      (第一部)総会 

       

      活動報告と収支報告が行われ、承認された。

       

      (第二部)踊町の意気込みを聞く3(椛島町)

       

      今年、樺島町から椛島町に表記を変えたが、町旗や提灯などの変更を余儀なくされ、大変だった。(想定外?)

      座布団を作るところが年々少なくなってきていて、以前頼んでいたところが廃業していたりしていた。 今回は何とか見つけることが出来たので良かったが、7年後もあるのかが心配される。

      タイコの子供を集めるのに苦労をした。(今までそんな事はなかったのに、はじめての事だった)

      などを話された。 また、担ぎ手の40人のうち町に住んでいるのは1人だけだそうである。

       

      6月例会

      | - | 10:09 | comments(0) | - |
      2018年5月 例会
      0

        日時:2018年5月22日(火曜日)19:30〜

        場所:元船町公民館

        人数:35名

        内容:「踊町の意気込みを聞く2」

         

        踊町出席:東古川町、本古川町、出島町、小川町

         

        東古川町は川船を奉納。 

        当町の川船は長采がおらず、采が2名のみ。船の4隅に添根曳が付く。

        キビキビとした船廻しをご覧に入れたい。囃子は5名×2組の10名。根曳などは早く集まったそうである。

         

        本古川町は御座船を奉納。

        スピードとパワーを合言葉に、長采の前でピタリと止まるところをお見せしたい。

        「はやしの本古川」と言われる当町の雅な囃子をお聞かせできる様、頑張りたい。

        また、囃子の子供について、今まで男の子ばかりだったが今年は女の子が3人加わった。

        船長(ふなおさ)と先週、結納を行ったが、その際、船長(小学校1年生)から「勇猛邁進の気持ちを持って頑張って行きます」との言葉があった事などが紹介された。

         

        出島町は阿蘭陀船を奉納。

        静と動が当町の見どころ。 速い廻しとゆっくり廻しを組み合わせて船を廻す。

        船をゆっくり廻すときは、はやしにピッタリ合わせて廻すのは難しいが、長采の前に囃子(ゆっくりの)が終わると同時に船首が来る様にすると話された。

         

        小川町は唐子獅子踊を奉納。

        牡丹の花の蜜を吸うところの演技で、肩車で後ろに反るが、どこまで反れるかというのが見せ場である。

        町の世帯数が少ないので、いろいろの事で苦労がある。

         

        どの町も、根曳などで在住者が少なくなっている(店はあるが住んでいない)のが悩みだそうである。

         

         

        5月例会

        | - | 17:14 | comments(0) | - |
        2018年4月 例会
        0

          日時:2018年4月20日(金曜日)19:30〜

          場所:元船町公民館

          人数:20名

          内容:「踊町の意気込みを聞く」

           

          踊町出席:紺屋町、大黒町

           

          紺屋町は本踊を奉納。

          先日、踊師匠と結納を交わした。今年も子供の踊を奉納予定だが、まだ、どんな踊りになるのか決まっていない。また、踊の外題も決まっていない。

          町としては、昨年末より庭先の検討をはじめ、先月の末に庭先調べを行った。庭の数は3000件を目標にしている。

          この先、手ぬぐいのデザインや呈上札をどうするかなど、仕事は山積みである。と話された。

           

          大黒町は唐人船を奉納。

          今までは本踊と唐人船を奉納していたが、今年は唐人船だけを奉納する。昨年から何度も協議を重ねてきたが、30分の時間制限の中で両方行うのは少々無理ではないか?という結論に至り、やむなく本踊を断念した。(時間が許せば両方行いたかったのが本音である)

          船は、平成9年に新調したもの。 今年、衣装は変るのだが今は秘密、10月3日の庭見せでご披露します。とお話しされた。

           

          また、両町とも庭先きで「県庁」に行けるのか、「湊公園」をどうするのか?など頭を悩ませているそうである。

           

          4月例会

           

           

           

           

          | - | 21:00 | comments(0) | - |
          2018年1月 例会
          0

            日時:2018年1月21日(日曜日) 午後2時〜

            場所:諏訪神社

            参加人数:35名

             

            1月は恒例の「諏訪神社」公式参拝を行いました。

            拝殿で参拝し、巫女さんの舞のあと本殿に上がって玉串奉奠をして新年の参拝を終えました。

             

             

            suwas1

             

            その後、貴賓館に移動して、宮田禰宜の「諏訪神社について」の講話をお聞きした。

             

            suwas2

             

            諏訪神社をはじめとする神社の現状を話されたあと、1、「神社参拝の作法と故実」では手水の作法、お祓いの意味などについての話があった。なかでも、お賽銭については、「昔は米などをあげたりしていたが、それがお金となったのでお賽銭の額は自分の食事1食分と考えて頂きたい」と教えて頂きました。

             

            2、「神社と人と自然のかかわり」では日本人が自然を大事にしてきた話。3、「長崎くんちの意義と精神を表すことば」では「長崎くんち」の年当番町の役割や社会に対する「奉仕の心」「地域文化を守り伝えて行く心」を培い、未来につなげていく文化を育む長崎人の心を話されました。

             

            最後に塾生からの質問などをお答えいただきお開きとしました。

             

             

             

            | - | 13:45 | comments(0) | - |
                  1
            2345678
            9101112131415
            16171819202122
            23242526272829
            30      
            << September 2018 >>
            + SELECTED ENTRIES
            + ARCHIVES
            + MOBILE
            qrcode
            + LINKS
            + PROFILE
            + OTHERS
            このページの先頭へ